大きさの異なる亀頭画像と性病と思われる亀頭画像

大きさの異なる亀頭画像と性病と思われる亀頭画像
亀頭画像
Pocket

外出時にトイレで小便をした際に、隣男性のペニスが偶然目に留まってしまい、自分の亀頭サイズとの差に驚いて、他の男性の亀頭はあんなにも大きいのか?と、気になって亀頭画像を探されているのではありませんか。

そこで、今日は、巨大サイズ→普通サイズ→極少サイズの順に、ネットで見つけた亀頭画像と、性病症状が出ている亀頭画像を集めてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

1. 巨大サイズの亀頭画像

上記のような亀頭の持ち主は、個人的には非常に羨ましいと感じております。きっと充実したセックスライフを過ごされているのでしょうね。

でもここまで亀頭が巨大だと、パートナーが日本人女性だったら反対に拒絶されてしまうかもしませんね。

2. 普通サイズの亀頭画像

48年間生きてきた私の主観では、上記画像の亀頭サイズが一般的にはないかと思います。このサイズならば、決して女性から落胆されることはないでしょう。

しかし「大は小を兼ねる」といわれるように、普通サイズよりどうしても亀頭を大きくしたい人は、亀頭増大器具を使われることをお勧めします。

亀頭増大器具とは、シリンダー内に亀頭を入れて、その中を真空状態にすることで、その吸引力で亀頭を増大させるグッズです。

亀頭増大器具の詳しい使い方や価格目安、購入先などの情報は、「費用を掛けずに自分でできる亀頭増大の方法とおすすめの手術と器具」でお伝えしています。

3. 極少サイズの亀頭画像

不幸にも上記極少サイズの亀頭の持ち主で、せめて普通サイズにしたいと思われている人は、亀頭増大手術を受けられることをお勧めいたします。

なぜならば、前述の亀頭増大器具では、正直亀頭が小さ過ぎてシリンダー内を真空にできずに効果があまり期待できないと思われるからです。

亀頭増大手術とは、亀頭に特別な薬剤を注射して、亀頭の大部分を占めている海綿体という細胞組織の体積を増やすことで、亀頭が増大できる手術です。

亀頭増大手術で行なわれる手順や費用目安、亀頭増大手術を得意としているクリニック情報などは「亀頭増大手術の効果|実際に手術をした動画と体験談まとめ」でお伝えしています。

4. 性病と思われる亀頭画像

最後に、男性に症状が出やすい性病3つの亀頭画像も挙げてみました。

4-1.【性病①】クラジミア

4-2.【性病②】淋病

4-3.【性病③】性器ヘルペス

上記画像を見て、「もしかして性病かも?」と不安になった人は、今すぐに専門クリニックで性病検査を受けることをお勧めいたします。

なぜならば、万が一、性病だった場合、放置していてもほとんど治ることがないからです。また時間が経過すればするほど、治療が困難になり、最悪の場合は根治できないからです。

性病検査を行なっているクリニックや検査方法、料金相場などの情報は「性病に力を入れている泌尿器科のまとめと病状ごとの詳細情報」で詳しくお伝えしています。

5. まとめ

今日は、サイズが大きい順に亀頭画像9つと性病と思われる亀頭画像3つをお伝えしましたが、自分の亀頭と見比べていかがでしたでしょうか?

もしもあなたが、この記事で挙げている極少サイズに近い亀頭であれば、何らかの手立てをされたほうがいいと思いますが、そこまで小さくないのであれば、生まれながらの亀頭が一番よいと思いますよ。

亀頭の大きさを気にしているのは、ほとんどが男性で、女性はあまり気にしていないといわれていますからね。

Pocket