仮性包茎の意味を画像を使って分かりやすく説明します

仮性包茎の意味を画像を使って分かりやすく説明します
仮性包茎画像
Pocket

今までにネットで包茎情報をたくさん調べてきて、自分のペニスが包茎だということはほぼ間違いないが、仮性包茎なのか?真性包茎なのか?今1つ判断ができていませんよね。

そのため、仮性包茎ってどんな見た目なのだろうかと、仮性包茎画像を探されているのではありませんか。

そこで、今日は、仮性包茎の実物写真と仮性包茎or真性包茎の見分け方などをお伝えしていますので、ぜひあなたのペニスが仮性包茎かどうかの判断規準の1つにしてみてください。

1. 仮性包茎の写真画像

まずは、私がネットで探し出した仮性包茎の画像写真5つをご覧ください。あなたのペニスが下記画像にそっくりであれば、ほぼ仮性包茎と思っていいでしょう。

2. 仮性包茎or真性包茎の見分け方

仮性包茎という文字と同時に真性包茎という文字もよく目にしますよね。その違いって正確にご存じでしょうか。

この項目では、簡単に仮性包茎と真性包茎を見分けられる方法をお伝えしていますので、自分のペニスがどちらかなのかを知っておきましょう。YESであれば仮性包茎の可能性が高いといえます。

手で包皮を引っ張れば亀頭を露出できるか?
包皮口が亀頭周囲より広いか?
勃起すれば自然と包皮が剥けるか?

2-1. 仮性包茎について

平常時は包皮で亀頭は覆われているが、手で包皮を引っ張ったり、ペニスが勃起した際は、包皮が剥けて亀頭が露出できるペニスを仮性包茎といいます。

勃起した際などは亀頭が露出するが、普段は包皮で保護されているため、亀頭が過敏になっているので、セックス時に早漏になってしまう人が多いといわれています。

さらに仮性包茎かどうかの具体的なな判断方法や原因、問題点などは「仮性包茎を治すための全手法|手術をするかどうかの判断基準」で詳しくお伝えしています。

2-2. 真性包茎について

どのような時でも常に亀頭が包皮で覆われているペニスを真性包茎といいます。無論、手で無理に包皮を引っ張っても亀頭を露出することはできません。

生まれてから何年間も亀頭が包皮で守られてきているため、非常に過敏なっているので、亀頭に触れるとヒリヒリと痛みを感じてセックスができない人が多いといわれています。

真性包茎の特徴や詳しい判断方法、画像写真などの情報は「【画像あり】難易度が高い真性包茎の治し方とセルフケア方法」で詳細にお伝えしています。

3. 仮性包茎の治し方

仮性包茎は、必ず治さなければならないペニスではありませんが、はやり衛生上の理由や男性機能向上の面、女性印象からも治された方がベストでしょう。

そこで、この項目では簡単ですが、代表的な仮性包茎の治し方を挙げています。

  • 剥き癖をつける
  • 絆創膏を貼る
  • アイプチを塗る
  • 仮性包茎矯正器具を使う
  • 仮性包茎手術を受ける

それぞれの詳しい手順や内容、メリット、デメリットなどは「仮性包茎を治すための全手法|手術をするかどうかの判断基準」でお伝えしています。

4. まとめ

今日の記事では、仮性包茎の実物写真と仮性包茎or真性包茎の見分け方、そして仮性包茎の治し方をお伝えしましたが、参考になったでしょうか。

この記事を読まれた多くの男性は仮性包茎と思われますが、どうしても治したい人は、まずは剥き癖をつける方法から試してみましょう。

それでも治らない場合は、絆創膏⇒仮性包茎矯正器具⇒仮性包茎手術とより効果が高い治し方へとシフトされるのがいいでしょう。

Pocket