京都で受けられる包茎手術先3つと保険手術のデメリット3つ

京都で受けられる包茎手術先3つと保険手術のデメリット3つ
包茎手術 京都
Pocket

包茎手術を受けることを決意して、京都府にある病院やクリニックで、安心できて丁寧な包茎手術が受けられるところはどこかな?とネット検索されていますよね。

そこで、今日は、包茎関連の京都府データと京都府で包茎手術を受けられるクリニック、健康保険での包茎手術のデメリット3つをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

1. 包茎に関連すると思われる京都府のデータ

まずは、京都府データの中でも包茎に関連していると思われるものを3つお伝えします。

1-1. 美容外科の医師数=11人

京都府内には、2014年現在で11人の美容外科医師がいます。人口10万人に対して美容外科の医師数は0.42人です。全国平均が0.89人なので、美容外科の医師が少ない府といえます。

一般的には、人口に対して医師数が多いほうが、需要と供給のバランスでより良い手術やサービスが受けられるといわれています。

参照元URL:http://todo-ran.com/t/kiji/19536

1-2. セックスレスのランキング=全国33位

京都府在住の人たちで、自分はセックスレスだと思っている割合は49.2%で全国33位です。真性包茎やカントン包茎の人は、痛みを伴うのでどうしてもセックスレスになりがちですし、仮性包茎の人もその劣等感や女性からの視線が気になりセックスから遠ざかる傾向があるといわれています。

参照元URL:http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/ranking_sex.html

1-3. 男性肥満率=25.6%

京都府在住の男性のうち25.6%は肥満との厚生労働省の調査結果があります。(2014年)その肥満は埋没型包茎になる原因といわれています。

埋没型包茎とは、肥満により下腹部に付いた脂肪でペニス根元が埋まってしまい、そのせいで包皮がせり上がって亀頭に露出されないペニスのことです。当然ですが、下腹部肥満でない人はこの埋没型包茎になる確率はほぼありません。

参照元URL:http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/ranking_sex.html

2. 京都府で包茎手術を受けられるクリニック

クリニック名 電話番号 所在地
城本クリニック 075-252-2113 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入
ルガーデンビル3F
北村クリニック 075-746-6301 京都市下京区烏丸通仏光寺上る二帖半敷町655
産経京都烏丸ビル 6階(アイン薬局1階)
本田ヒルズタワークリニック 0120-840-836 京都市南区東九条西山王町11

3. 上記一覧表でお伝えした理由

ここでは、前項目で包茎手術先として私があえてお伝えした理由は3つ挙げています。

3-1. 口コミや評判の数が多かったから

おススメの口コミや良い評判が多いことに越したことはありませんが、その内容の良し悪しにあまり関心を持つ必要はありません。なぜならば、人気のあるクリニックに対して同業者からの妬みや異常な期待を持っていた患者さんからのモンスタークレームの口コミや評判もあるからです。

重要なのは、包茎手術件数と比例する口コミや評判の「その数」です。

3-2. サイト内容が分かりやすく安心できたから

しっかりと包茎手術費用が明示されていることはもちろんですが、実際に手術を行なう医師の顔写真や経歴や手術方法の概要などもあるサイトはわかりやすく安心できますよね。また、術後のアフターケア内容や手術件数なども書かれているとさらに安心感が増します。

3-3. 包茎手術などのペニス関連に特化しているから

美容外科クリニックでは、一般的に、二重瞼や脂肪吸引、歯列矯正、豊胸なども施術も行なっています。しかしその中でも包茎手術や亀頭増大、陰茎増大、早漏治療などペニス関連の施術に特化しているクリニックのほうがより質の良い包茎手術を受けられるのは間違いないでしょう。

4. 健康保険での包茎手術のデメリット3つ

もちろん、お伝えしたクリニックでも健康保険で費用を抑えることができる包茎手術は受けられるが、あまりお勧めはできません。なぜならば次のデメリット3つがあるからです。

4-1. そもそも健康保険での包茎手術は限られているから

健康保険が使えるのは、病気の場合に限られます。そのため病気でない仮性包茎や軽度のカントン包茎は、健康保険の適用外なのです。包茎で悩まれている人の90%以上は、仮性包茎といわれていますので、そもそもほとんどの人は健康保険で包茎手術は受けられないのです。

病気とそうでない包茎の違いは、性行為に支障をきたすかどうかです。つまり包茎が原因で痛くてエッチができないかどうかです。

4-2. 包茎手術後、ペニスの見た目が悪くなるから

健康保険での包茎手術は、性行為ができるようにするためだけの手術です。つまり術後のペニスの見た目は、あまり考慮されていないのが一般的です。よく耳にするのが、術後にニワトリのトサカのような傷跡が残ったなどのペニス仕上がりの悪さです。

4-3. ペニスの感度が悪くなる危険が高いから

健康保険が効く手術では、ペニスの感度まで考慮して行わないので、術後にペニスの感度が著しく悪くなることが多いといわれています。

早漏の人で感度が良すぎる人は、手術で性感部分である包皮小帯を取り除くこともあるようですが、反対に手術で取り除かれることによって感度が劇的に悪くなることもあります。そのさじ加減は、健康保険での包茎手術では対応されていないようです。

5. 包茎手術の費用相場

包茎手術先 包茎の種類 費用相場
泌尿器科病院 健康保険の適用対象である真性包茎・カントン包茎 1万円~3万円
美容外科クリニック 真性包茎・カントン包茎・仮性包茎・埋没型包茎などすべて 10万円~25万円
※オプション費用は除く

6. 包茎手術の所要時間と完治までの期間目安

最後に包茎手術の所要時間と包茎が完治するまでのおよその期間をお伝えします。

6-1. 包茎手術に掛かる時間

手術自体は10分~15分ぐらいです。術前の診察と問診に術後のケア説明を含めても30分程度です。手術といっても包皮を切除して縫合するシンプルな手術ですので、このような短時間で終えることができます。

6-2. 完治までの期間

完治までの期間目安は3週間~1か月程度です。それまでは、入浴制限やオナニーやセックス、飲酒の禁止期間があるので、医師に言われた通りしっかりと守りましょう。もしも1か月経過しても出血したり、痛みを感じる場合は、恥ずかしがらずに早めに医師に相談されることをお勧めします。

7. まとめ

今日は、包茎関連の京都府データと京都府で包茎手術を受けられるクリニック、健康保険での包茎手術のデメリット3つ、包茎手術の費用相場、完治までの期間目安などをお伝えしましたが、参考になったでしょうか。

包茎手術は、大切な身体の一部であるペニス包皮を切除することですので、その費用ばかりを気にして手術先を選ばれることは「後悔先に立たず」になる可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。

Pocket