性病の診察の流れと費用の相場|検査キットとの比較も解説

性病の診察の流れと費用の相場|検査キットとの比較も解説
性病診察
Pocket

ペニスやその周辺にかゆみや痛みを感じたり、ちょっと身に覚えがある性行為をしたために、「もしかして性病に掛かったのでは?」と心配になり、性病診察を受けてみようかなと思われていますよね。

そんな心配を抱いているあなたに向けて、今日は、性病診察と検査キットの比較後に、性病診察の一般的な流れとそれに掛かる費用目安、性病科があるおススメクリニック5つなどをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

1. 性病診察と検査キットの比較

まずは、簡単な性病検査と検査キットの比較一覧表をご覧ください。

  性病診察 検査キット
費用 ※1種類の性病に対して 1,030円~4,940円 ※保険診察 約3,500円 ※自費診察
実質精度 誰でもほぼ100% 不明 ※不器用な人はキチンと検査できない
対人の有無 有る ※医師や看護師と会う 無し
匿名性 無し 有る
性病の治療対応 有る 無し

1-1. 思ったほど両者の費用に大差はない

私のイメージだと断然クリニックで受ける性病診察の費用が高いと思ったのですが、ネット情報などを調べてみたら検査キットとの費用に大差はないようですね。

ただし、検査したい性病の項目数やクリニック、検査キットの種類によって、費用金額も異なるようですので気を付けてください。

1-2. 実質精度は断然性病検査が高い

検査キットは、説明書で確認しながら自分で行なうので、どうしても個人の器用さによって、性病検査結果の精度に大きな差が出ることがあります。

一方、クリニックでの性病診察は医師や看護師が対応するので、不器用な人でもほぼ100%正しい性病検査結果を得ることができます。

1-3. 私は性病検査を選んだ

私は確実に性病かどうかを知りたかったので、対人の恥ずかしさよりも、ほぼ100%で結果が分かるクリニックでの性病診察を選びました。その理由は、検査キットではその結果を信用できずに、いつまでも不安を感じてしまうのではと思ったからです。

そういうわけで、以降はクリニックで行なわれている性病診察についてお伝えしていきます。

2. 性病診察の流れ

まずは、一般的に行われている性病診察の流れをお伝えしています。通常は性病だからといって特別な診察内容になる事はありません。

2-1. 受付・問診票の記入

受付にて健康保険証を提出します。再診の人も月を繰り越していれば健康保険証を提出します。

初診の場合は、受付で渡された問診票に必要事項を記入します。待合室で症状や経過を詳しくご記入ください。問診票には、病気経歴・今服用中の薬・アレルギーなどの質問項目があります。

問診票の例

2-2. 医師による症状の有無確認

問診票を参考に、医師が問診と症状の有無確認をします。性器の痛みや身体の異変などをできるだけ詳しくお話ください。

すべてお話しするのが難しい場合はメモなどをお持ちいただければ、より正確な性病診察の実施ができます。

2-3. 性病検査の実施

問診と症状の有無確認の結果、医師が性病検査が必要と判断すれば、性病検査を行います。もちろん検査不要と判断されれば、ここで性病診察は終了になります。

性病検査は、疑いのある性病種類によって、その検査方法は異なります。検査方法の詳細は「病院で行なわれている性病検査の費用目安をまとめてみました」でお伝えしています。

検査する性病の種類や病院によっては、検査結果が当日ではなく、翌日以降になることもあります。その際は、下記でお伝えしている医師からの説明は再来院されたときに行われます。

2-4. 医師からの説明

問診や性病検査で判断された病気を医師がお伝えします。そして今後の治療方針をあなたと相談しながら決定します。

「治療期間はどれぐらいなのか?」「通院頻度は?」などの不安な事や費用面などで気になる事があれば、この時にしっかりと相談しておきましょう。

2-5. 会計・薬の受け取り

すべての診察が終わりましたら受付で会計を行い、診察券と処方せんを受け取ります。その後、処方せんを持って院内または院外の調剤薬局に出して、お薬を受け取ります。

3. 性病診察に掛かる費用は意外と安いのです

次に、性病ごとに診察料と検査費用、薬代を含めた治療費用を安い順にまとめてみました。

3-1. カンジダ=約2,060円

診察料・検査費用  およそ1,030円(保険適用)
薬代  およそ1,000円(保険適用)

3-2. クラミジア=約5,000円

診察料・検査費用  およそ3,000円(保険適用)
薬代  およそ2,000円(保険適用)

3-3. 淋病=約5,000円

診察料・検査費用  およそ3,000円(保険適用)
薬代  およそ2,000円(保険適用)

3-4. 梅毒=約5,060円

診察料・検査費用  およそ2,060円(保険適用)
薬代  およそ3,000円(保険適用)※4週間分

3-5. ヘルパス=約5,270円

診察料・検査費用  およそ2,270円(保険適用)
薬代  およそ3,000円(保険適用)※5日分、症状が出た時のみの服用です。

3-6. トリコモナス=4,000円~9,000円

診察料・検査費用  およそ2,000円~4,000円(保険適用)
薬代  およそ2,000円~5,000円(保険適用)

3-7. コンジローマ=5,000円~13,000円

診察料・検査費用  およそ2,000円~6,000円(保険適用)
薬代  およそ3,000円~(保険適用)※再発率が高いため上限は不明
手術代 3,000円~7,000円(保険適用)

上記7つの性病の具体的な治療方法や治療期間などの情報は「私がおススメしたい性病治療の病院と性病治療薬の具体的な入手方法」で詳しくお伝えしています。

4. 性病診察時の保険適用についての注意点

この項目では、健康保険を使って保険適用で性病診察を受けようとされている人に向けて、注意点を3つ挙げています。

4-1. ただ単に性病が不安だからでは保険適用にならない

性器やその周辺、身体などにかゆみや痛み、分泌物異常などの症状が表れている場合は、基本的に保険適用になり、前項目でお伝えした金額で性病診察を受けることができます。

しかし、身体に全く異変はないが、ちょっと身に覚えがある行為をしたので、念には念を入れての性病診察は、保険法の趣旨にそぐわないので、保険適用外になり全額負担の費用になります。

保険適用外の全額負担金額は、前項目でお伝えした金額を0.3で割れば、およその目安金額になります。

4-2. 保険適用にすると家族にばれる可能性がある

保険適用にすると、後日、家族がいる自宅に医療費通知の書類が届きます。その書類内容には、病名や診察内容まで記載されていることはあまりないようですが、ほとんどの場合は、病院名は記載されています。

そのため、××泌尿器クリニックとかの専門病院だと、家族にばれる可能性があります。それを防ぐには、総合病院の泌尿器科などで性病治療を受ければ大丈夫です。

なぜならば、総合病院の名称の記載なので、体調が悪かったので内科に行ったといえば済むからです。しかし受診した診療科まで医療費通知に記載れていれば、ばれてしまうことは承知しておいてください。

また会社にばれないと心配される人もいると思いますが、会社側が書類内容を確認することは、プライバシー保護の観点から決してありませんので安心してください。

4-3. 男性クリニックでは保険適用を受付けていないこともある

包茎手術や男性機能を高める治療を専門に行っている男性専門クリニックなどでは、一部性病診察を行なっているところもありますが、そもそも保険適用による診察や検査、治療を想定されていないところもあります。

性病診察で男性専門クリニックへ行かれる前に、必ず保険適用の診察や治療を受付けているかどうか確認してから診察に行きましょう。

因みに男性専門クリニックでは、往々にして10割負担の自費診察になってしまいますが、より性病知識があり治療経験が豊富な医師に診てもらえるし、家族にばれる心配も皆無になります。

自費診察時の費用金額について

前項目でお伝えしている金額を0.3で割れば、自費診察時に掛かる費用目安になります。

【例】カンジダの場合:2,060円÷0.3=6,866円

5. おススメの性病科がある東京都のクリニック5つ

最後に私がおススメしている東京都の性病科があるクリニック5つを挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

5-1. 新宿駅前クリニック

当院男性の性病科(性感染症内科)では、クラミジアや淋病による尿道炎、クラミジアや淋病による咽頭炎、梅毒、尖形コンジローマ、亀頭包皮炎、性病検査(性感染症検査)、性器ヘルペスなどを、病気が疑われる症状があれば、保険診療による検査および治療をおこなっております。

電話番号  03-6304-5253
所在地  東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F
URL  http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/

5-2. 山の手クリニック

性病の検査・治療専門の山の手クリニック。性病(STD),エイズ(HIV),ヘルペス,クラミジア,梅毒,淋病などについてご心配がありましたら当院までご相談ください。

電話番号  0120-156-119
所在地  東京都豊島区東池袋1-32-2  小川ビル4F その他あり
URL  https://www.y-cn.jp/std/

5-3. あおぞらクリニック

あおぞらクリニック|新宿院は、JR新宿駅東口から徒歩1分にある性病専門の医院です。HIV即日検査、梅毒即日検査、クラミジア即日検査、淋病即日検査、ヘルペス即日検査を行い、即日治療しますので、あなたの不安と痛みを解消します。

電話番号  03-3353-8800
所在地  東京都新宿区新宿3丁目18-1 しんじゅく一色ビル6階 新橋にもあり
URL  https://aozoracl.net/

女性外来もある

あおぞらクリニックの新橋院では、女性外来も受付けていますので、詳しくは、https://www.aozoracl.com/joseiをご覧ください。

5-4. 池袋東口クリニック

性病科 池袋東口クリニックは、性病(淋病・クラミジア・コンジローム・梅毒・性器ヘルペス・カンジタ・ケジラミ・トリコモナス等)の治療を専門に行っております。

電話番号  03-5944-8411
所在地  東京都豊島区南池袋1-19-3  嘉泉ビル4F
URL  http://www.ikebukuro-higashi.com/

5-5. ウィート女性クリニック

北千住駅西口徒歩3分の婦人科クリニック(レディースクリニック)。女性医師と女性スタッフがお悩みに寄り添います。子宮がん検診、婦人科一般診療、生理不順、更年期症状、漢方療法、性感染症検査、緊急避妊、ブライダルチェック、低容量外来。

電話番号  03-3888-1001
所在地  東京都足立区千住2丁目18 為靜ビル2F
URL  https://www.womens-kitasenju.net/

6. まとめ

今日は、性病診察と検査キットの比較の後に、一般的な性病診察の流れとその費用目安、保険適用時の注意点、おススメの性病科があるクリニック情報をお伝えしましたが、参考になったでしょうか。

恥ずかしいから、怖いからと、クリニックでの性病診察を躊躇してしまう気持ちは痛いほど分かりますが、もしも性病だった場合、治療開始が遅くなればなるほど、完治までの期間が長くなり、費用負担も大幅に増えます。

ですから、忙しいからと自分に言い訳をせずに今すぐクリニックに足を運ばれることをお勧めいたします。

Pocket